サイトマップ

新生銀行レイクについて

新生銀行カードローンレイクは、新生銀行のカードローンサービスです。レイクというと消費者金融というイメージが強いですが、現在は新生銀行に吸収されています。カードローンの中でも事情に詳しい人に選ばれている傾向があり、他にはないメリットもあります。

 

新生銀行カードローンレイクのサービスと、選ばれている理由についてまとめました。

 

カードローンとは

カードローンとは、カードを使って借入れをするサービスです。ローンというとお金を借りて、毎月返済していくイメージがあると思いますが、カードローンは繰返し借入れ可能です。限度額の範囲内で、好きな時に好きなだけ借入れができるのが大きな特徴となります。

 

契約後はいつでも借入れができるので、急なお金のトラブルがあってもレイクのカード1枚で解決できる場面は多いはずです。

 

借入後は返済も必要になりますが、カードローンの毎月の返済額はそれ程多額ではありません。借りたお金を毎月コツコツと返済していくイメージです。例えばレイクで10万円借りた場合、毎月の最低返済額は3,000円です。きっちり3,000円ずつ返済していくのも可能ですが、お金に余裕のある時には3,000円を超える返済も自由に行えます。

 

借入がある状態が嫌で、多めに返済する人も多いですが、その方がかかる利息も少なくて済むので、支払総額を抑えられます。

 

申込みはインターネットや店頭などで行います。必要書類と必要項目の記入ができれば、審査結果によって限度額が決まります。審査結果によっては契約不可の場合もあります。

 

利息は借入金額と借入日数分だけしか発生しません。全く借入れをしなければ、利息も手数料も発生しないので、いざという時の備えとして持っておく人もいます。

 

 

レイクのメリットについて

新生銀行カードローンレイクが選ばれている理由は、銀行という安心感だけではありません。

 

レイクは選べる2種類の無利息サービスがあります。1つは30日間無利息のサービスです。契約後30日間は利息がかからないので、無利息期間中に完済してしまうという裏ワザも使えます。

 

もう1つは借入額の5万円分が180日間無利息のサービスです。少額の借入れであれば、利息を大幅に抑えられます。2つの無利息サービスが選べるのは、レイク特有のサービスです。

 

また、レイクではATM利用手数料が無料で利用ができます。借入や返済時のATM利用手数料は結構かかります。例えば提携コンビニATMで借入れや返済を行う、取引額1万円以内でも108円、1万円超なら216円の利用手数料がかかります。同じ月に10万円借りて、2万円返済した場合、ATM利用手数料だけで432円もかかってしまいます。

 

レイクならレイクATMはもちろん、ゆうちょ銀行やコンビニATMも含めて、利用手数料0円で利用ができます。

 

また、レイクは申込み手続きがとても簡単です。インターネットから申込みをすると、すぐに手続きが終わります。インターネットから申込んだ場合、名前や住所などの必要項目を入力すると、すぐに審査結果がわかります。この速さは、業界トップクラスです。

 

審査結果後は自動契約機でカードを受取るか、振り込みを利用すれば、すぐにお金が借りられます。銀行のカードローンというと手続きに時間がかかるイメージがありますが、レイクは消費者金融以上の融資スピードです。急ぎでお金を必要としているならば、頼りになるはずです。

 

銀行というよりも消費者金融に近いカードローンとなるので、どちらかと言えばおまとめローンとして使うといった大きな借り入れよりも、生活費や急な出費などですぐに借りたいときに適しています。

 

レイクで借りるデメリット

新生銀行のカードローンでありながら、レイクの金利の相場は消費者金融と同じ位です。金利4.5%~18.0%です。銀行系のカードローンの最高金利は14%台が一般的なので、レイクの金利は高めです。その分、消費者金融よりの対応の早さや手軽さがあります。

 

ただ、単純な早さだけで見ると大手の消費者金融の方が強い場合があり、例えばプロミスのカードローンと比べると審査時間や融資の対応ではレイクは劣ります。プロミスは契約機の設置数も多く、素早い借り入れでプロミスの休日融資も可能となるので、土日にお金が必要になった際にはレイクよりもスピーディな頼れる借り入れが利用できるのです。

 

とは言ってもレイクには銀行で借りるという安心感があり、さらに金利が高くても無利息期間を考慮すると、逆にお得になる可能性もあるのでそこまで悪いものではありません。